逢坂地区の概要

 逢坂地区は鳥取市西方の気高町に位置し、北は浜村に、南・東は鹿野町、西は青谷町に隣接する南北約6キロ、東西1キロの丘陵地形で、耕地の半分は畑となっています。鷲が羽を広げた姿に似ていることから名づけられたと言われている、標高921mの鷲峰山(じゅうぼうやま)を借景にしたこの一帯は、地区の中央部から日本海を望むこともでき、古来より肥沃で水はけのよい“くろぼく”(地元では、くろぼこと言う)土壌によって豊富な作物がつくられてきました。また、平成の名水百選に選定された“布勢の清水”をはじめ、あちこちで清水が湧き出ています。

 逢坂地区は、鹿野城主であった亀井茲矩公との関係が深く、田仲の明ヶ鼻には茲矩公の墓碑があります。農業用水のための溜池である大堤池で毎年秋に行われる珍しい伝統漁法の「うぐい突き」は茲矩公が御朱印船貿易で持ち帰ったものと伝えられています。

 人口動態をみると、昭和37年ころからの高度成長経済政策により、都市部への流出が続き、大正時代には世帯数約360戸、1,890人であった人口も現在では世帯数286戸、人口は約1,000人と減少し続けています。逢坂小学校も現在31名の小規模校となり、その在り方が論議されています。

 逢坂地区は、JA、駐在所が撤退し、個人商店も1軒だけとなってしまった典型的な中山間地域ですが、地域の活性化や衰退の歯止め役を期待されて鳥取市主導で設立されたのが“逢坂むらづくり協議会”です。


逢坂むらづくり協議会の設立

発足   平成21年2月

組織構成 3つの専門部会(生涯・文化部、産業・環境部、健康・福祉部)で構成し、
     各集落区長、公民館役員、地区内各種団体代表等、約50名がメンバーに入っている。


逢坂むらづくり協議会の取り組みの特徴

 協議会の事業として、従来の協働のまちづくり助成事業は基本的に継続しながら、これに加えて、25年度からは市の里山交流促進モデル事業の補助を活用した事業を行ってきました。
 また、専門部会に属さない全体での取り組みとして、地区運動会、公民館まつり、逢坂を考える会など、公民館事業と共催したものがあり、会報を年2~3回発行しています。

 平成28年度事業

 基本的に前年度の事業を継続しながら、全体で取り組むものとして28年度は地域の共有資源の整備事業を行ってきました。
 また、移住・定住の促進策として「空き家バンク」の立ち上げを行いました。
 なお、3月には26年度から取り組んでいる「芝桜の植栽エリア拡大」を行いました。
  ①大タブの木樹勢回復事業
   地区の中心部にある樹齢400年を超える大タブの木(市指定銘木百選)の樹勢回復事を7月に実施。
  ②環境美化活動(忠魂碑周辺整備)
   以前は遺族会が定期的に清掃活動を行っていたが、会員の高齢化により数年間放置されたままとなっ   ていた忠魂碑周辺の整備(樹木の伐採)を10月に実施。
  ③地区内の石碑等への看板設置
  ④まちづくり先進地視察
   島根県雲南市久野地区の取り組みについて9月に視察
    ・組織体制  公民館→コミュニティセンター(すべての組織を一元管理)
    ・農家食堂の解説・運営
    ・配食サービス(有料)の取り組み
  ⑤空き家バンクの立ち上げ
   10月、鳥取市からむらづくり協議会が受託し、実際の運営は別組織(くろぼこ空き家バンク運営委員   会7名)を設立し、現在基礎的な調査事業を行っている。
  ⑥逢坂を考える会
   2月19日(日)開催。

 

 

おためし定住体験

所在地:鳥取市気高町山宮367-4 (木造建築平屋建 3DK)

 

 

●おためし住宅「くろぼこ宿」の体験を希望される方は
 鳥取市定住促進・Uターン相談支援窓口へ(鳥取市のHPへとびます。)
  〒680-8571 鳥取市尚徳町116 市役所本庁舎3階(鳥取市企画推進部地域振興局地域振興課内)
  ℡:0120-567-464

 

空き家バンク