大村地区公民館のホームページへようこそ
大村地区は鳥取市南部の用瀬町3地区の中で鳥取寄りに位置し、北側には河原町・八頭町、西側には佐治町が隣接しています。
また、地域の自然遺産として、千代川の支流である赤波川上流に、白亜紀後期に貫入(マグマの噴出)した県内で最も古い花崗岩が
長年の浸食によって特徴あるおう穴群(平成25年に鳥取県の文化財に指定)を形成し、それらが約1.2Kmにわたり分布しています。
地域の宝として住民による保全・整備活動を行い、観光地化の取り組みを行っています。

アクセス


大村地区公民館のホームページへようこそ
大村地区は鳥取市南部の用瀬町3地区の中で南寄りに位置し、北側には河原町・八頭町、西側には佐治町が隣接しています。
また、地域の自然遺産として、千代川の支流である赤波川上流に、白亜紀後期に貫入(マグマの噴出)した県内で最も古い花崗岩が
長年の浸食によって特徴あるおう穴群(平成25年に鳥取県の文化財に指定)を形成し、それらが約1.2Kmにわたり分布しています。
地域の宝として住民による保全・整備活動を行い、観光地化の取り組みを行っています。



自動車の場合
鳥取自動車道用瀬ICを降りて鷹狩駅を越えて東方向へ150m

(鳥取駅から約25分)

 

公共交通機関の場合
JRでおこしの場合因美線鷹狩駅で下車し東方向へ150m

〈鳥取駅から約30分)

バスでおこしの場合鷹狩バス停で下車し東方向へ150m

〈鳥取駅前バス停から鷹狩バス停まで約30分)