2ヶ月分掲示しています。ご覧ください。


               2020.11.19

   城山まもりたいが【秋季イベント】を開催しました。

 15日(日)に、《秋季イベント》を開催しました。城山まもりたいの会員・公民館の環境衛生部の皆さん、鹿野学園の子ども達など、総勢130名くらいの参加でした。作業は、桜など植木の施肥・新苗の植え付け・鳥居辺りから王舎城学舎入り口の橋までの清掃と溝掃除などをしました。
   
             参加者の集合写真
        
           表鷲会会長のあいさつ
   
    桜の施肥      橋辺りの掃除     鹿野苑の掃除
    
      駐車場辺りの清掃       鳥居辺りの清掃
   
 作業終了後、毎年<獅子汁><豚汁><おにぎり>をいただいていましたが、コロナ感染症のこともあり、今年は、<おにぎり>の配布だけにしました。
         
  
               2020.11.13

        【運営委員会】を開催しをしました。

 12日(木)に、運営委員会を開催しました。「事業と決算」の中間報告をしました。「コロナウイルス感染症」予防のため、中止を余儀なくされた事業や今後の事業実施について、語り合いました。今後の事業については、感染症対策を最も重視し、実施の可否を決定するということになりました。また、「健康対策グッツ」の購入をし、地区公民館に「健康コーナー」を開設することにしました。その際は、どしどしご利用ください。
          
        血圧測定         血管年齢測定

               2020.11.12

         【感染警戒地域】の見直しをしました。
 
 全国の感染状況が大幅に変化してきていること、新しい生活様式が定着してきていることなどの実態を踏まえ、県では「厳重感染警戒地域」の区分を設けるとともに、基準数値の見直しを行いました。
 
種 類  都 道 府 県 
 厳重感染 警戒地域 北海道・東京都・神奈川県・愛知県・大阪府・沖縄県
                   6都道府県
 特別感染 警戒地域 宮城県・埼玉県・千葉県・山梨県・滋賀県・兵庫県
奈良県                7県
 
 重要感染 警戒地域 茨城県・岐阜県・静岡県・京都府・鹿児島県
                   5府県
 感染
 警戒地域
青森県・群馬県・新潟県・石川県・福井県・長野県・三重県和歌山県・岡山県・山口県・福岡県・佐賀県・熊本県
                   13県
                                   11月11日 現在
 ※厳重感染警戒地域を訪問される方は、鳥取県のHPや該当都道県のHPをご覧になり、「コロナウイルス感染症」の情報を必ずご覧ください。


               2020.11.6

         【卓球大会】が中止になりました。

 鹿野地区体育会の年間最後の大会であった、「卓球大会」が中止になりました。コロナ禍では、致し方ないとはいえ、体育会の大会は、軒並み中止になっています。実施できたのは、ソフトボール大会だけでした。来年は、コロナウイルス感染症も収まり、各種大会が実施できるでしょうか。
       


               2020.11.5

         【相談方法】が変わりました。

 「コロナウイルス感染症」の感染は、鳥取県では10月27日(火)の感染者以来、感染者は出ていません。また、入院患者は2名の状態です。「鳥取県版新型コロナ警報」は、西部に「注意報」が出ていましたが、11月4日(水)に解除になりました。しかし安心できません。他地域へ出かける際には、次の地域は警戒・注意してください。
 そして、11月1日(日)から「発熱等の症状」が出たときの相談方法が変わりました。まずは、事前に
かかりつけ医に連絡をして、かかりつけ医で受診するようになりました。そうなんです。身近な医療機関で、相談・診察・検査ができるようになったのです。

 11月6日(金)7日(土)と立て続けに、5名の感染者が出ました。それによって、県内の東部地区と西部地区に、
<注意報>が発令中です。全国でも、第3波ではないかといわれるほど増加の傾向です。これまで同様、三密に気を付け、マスクの着用・手洗い・手指の消毒などに万全を期した生活を送りたいですね。

                 2020.10.2

  【鳥取市自主防災会地域防災力強化補助金】の申請期限迫る。

 この事業は、平成30年から3か年の期限で行われている事業です。
●交付目的  自主防災会が実施する防災資機材等の整備、及び防災活動に
      必要な事業を支援することにより、地域防災力の充実・強化を
      図ることが目的です。
●補助金額
 ・補助対象経費の額に10分の10をかけた額。
 ・基本割 世帯数に応じて額が決められています。50世帯未満は、
      50,000円。
 ・世帯割 「地域課題検討シート」を提出すると、世帯数×300円がプ
      ラスされる。
 この事業の申請締め切りが、
令和2年12月25日と迫っています。年々自然災害への恐怖が高まっています。「備えあれば憂いなし。」です。いくらしても足りないくらいの「避難訓練」と合わせて、資機材の準備も是非ともお考え下さい。
    
 鹿野地区は、6団体が申請済みです。まだ申請がお済でない自主防災会の会長様、鹿野まち普請の会事務局(38-0022)まで、ご連絡ください。

〇 新たに、「閉野自主防災会」「ひまわり団地自主防災会」が、申請されました。