=====いなば西郷工芸の郷あまんじゃく============================
10月6日(日)_大人のワークショップVol.3陶芸「平皿に掻き落としで絵を描きましょう」
(一般社団法人西郷工芸の郷あまんじゃく)AM10〜12:00 講師:花輪釜 花井健太

=========================================================
8月4日(日)_大人のワークショップVol.2木工「お箸と小皿を作ってみましょう」
(一般社団法人西郷工芸の郷あまんじゃく)9:30〜12:00講師:工房このか 藤本かおり
=========================================================
6月30日(日)_大人のワークショップVol.1ガラス「パート・ド・ヴェールで作るガラスの箸置き」
(一般社団法人西郷工芸の郷あまんじゃく)9:30〜12:00講師:ukiroosh 竹中悠記

=========================================================

workshop02

=========================================================
7月21日(日)_ミニフォーラム(西郷工芸の郷あまんじゃく)

 いなば西郷工芸の郷ミニフォーラムVol.4が7月21日(日)西郷小学校体育館で開催されました。
 今回は『作る事・表現する事』をテーマに東京を中心に大活躍な作家、大宮エリーさんが登場。エッセイやライブ、絵本などの「ものづくり」のきっかけや想いなど、講演のあとの人間国宝前田昭博さんの対談を含め3時間たっぷりと楽しくお聞きしました。「ものづくりの郷」としての期待や西郷小学校の取り組みにも触れ、とても贅沢な時間となりました。M.I
DSC_2232 DSC_2229

DSC_2247 DSC_2249

DSC_2250

=========================================================

「西郷工芸の郷』のものづくり―民藝の郷から工芸の郷へ―」
 平成31年3月10日(日)午後1時30分から「『西郷工芸の郷』のものづくり―民藝の郷から工芸の郷へ―」をテーマとするシンポジウムが開催されました。当日は、明治大学准教授の鞍田崇先生を講師にお迎えし、鞍田先生の講演と西郷地区の作家の皆さんを交えて西郷工芸の郷の魅力や将来を考えるパネルディスカッションの二部構成で、約80名の方が参加されました。
 民藝に造詣が深く「NHK趣味どきっ!私の好きな民藝」の案内役などでも活躍されている鞍田先生は、民藝の歴史的な背景を丁寧に解説されるとともに、その本質を「Intimacy=親密さ、いとおしさ」にあることを説かれました。作品の作り手にも使い手にも通じる民藝の「心」に、とても感銘を受けました。
 パネルディスカッションでは、西郷へ来た経緯、作品づくりに対する苦悩、地元への愛など、普段は聴く事ができない作家の皆さんの本音を伺うことができました。作品だけでなく作家への愛も深まった一日でした。
一般社団法人西郷工芸の郷あまんじゃく オブザーバー N.K.
DSC_1417DSC_1419DSC_1424

======================================================

落語会

2月9日(土)14時から西郷公民館で開催された落語会は130名の方の参加ではじまった。
 まず、入船亭遊京さんの落語、切り絵の林家楽一さん、そして入船亭扇遊師匠の落語、休憩を挟んで扇遊師匠の落語、やっぱりテレビより生はいいなー、会場の中があっちもこっちも笑いの渦だ、腹の底から笑えた。 又切り絵の楽一さんの技術はも素晴らしかった。
 又来られたら参加しよう。みなさんもどうですか?昔から言います、「笑いは百薬の長である」 環境部 三滝部 部長 三滝まもり隊 会長 A.H
======================================================

DSC_1306 DSC_1310

DSC_1311 DSC_1313

DSC_1314 DSC_1318

DSC_1323 DSC_1332

DSC_1336

======================================================

kougeiH30
(2018)平成30年10月27日(土)~28日(日)_西郷工芸祭り

第3回工芸まつりを終えて
今年の工芸まつりは、初めて2日間の開催でした。お天気も良く、小学校の校庭を駐車場として使わせていただき、おかげさまでお客様にも便利と好評でした。参加していただいた作家さんは15者と昨年に比べると少なくして、それぞれのお店のスペースを広く確保しました。
今年は、過去2年の実績や経験を経て、お客様の気持ちにも変化があったようです。「西郷の工芸まつりは、良いものが手頃に買える」という評価をされているようです。初日から、「買うぞ!」という気持ちで来ていただいたようで、昨年までの「どんなものがあるのだろう」という様子見の気持ちが変わられたようです。昨年の倍以上の1600人くらいのお客様に来ていただきました。工芸品の売り上げも、昨年の倍以上の売り上げで、参加していただいた作家さんからも「これほど、作家を大切にしてくれて、お弁当も頂けるし、販売のお手伝いもしていただいて、売り上げも良くて、大感謝です」という感想をいただいています。
飲食販売や地元の野菜やお菓子の販売も大好評、初日の飲食はたちまち売り切れが続出しました。二日目も、スタッフの皆さんお疲れの中、おもてなししなきゃ、という気持ちで努力してくださいました。
むらづくり協議会、部落長会、マドンナ隊だけでなく、たくさんの西郷地区の皆さんのお世話になりました。おかげさまで、3年目の工芸まつりは大成功でした。
工芸まつりは、工芸をきっかけに西郷谷を元気にしよう、工芸作家の移住を促進しようという活動の一環です。工芸を見たり買ったりするために来てもらったお客様に、西郷谷の良さを知っていただき、今後、地域の自然を楽しみに来てもらったり、移住を考えてくださる人が増えて欲しいと思います。
これからも皆さんに助けてもらいながら、皆さんと一緒に、この西郷谷を元気で楽しい地域にしていきたいと思います。今年もお世話になりました。これからもよろしくお願いします。
一般社団法人 西郷工芸の郷あまんじゃく 代表理事 K.K

DSC_0687 DSC_0692
開催前の全員ミーティング・・・・・・・・・・・駐車場班
DSC_0694 DSC_0696
販売会場班・・・・・・・・・・・・・・受付班
DSC_0699 DSC_0703
料理班・・・・・・・・・・・・・・・・作家さんの作品搬入
DSC_0705 DSC_0706
作家さんの作品搬入・・・・・・・・・・・報道の皆さん
DSC_0707 DSC_0709
開会挨拶
DSC_0711 DSC_0714
開会挨拶
DSC_0717 DSC_0721
開会挨拶・・・・・・・・・・・・・・・花輪釜さんのワークショップ
DSC_0724 DSC_0727
筋肉痛の駐車場はん・・・・・・・・・・・・・地元食材の販売
DSC_0730 DSC_0733
地元食材の販売・・・・・・・・・・・・
DSC_0739 DSC_0746

DSC_0747 DSC_0753
・・・・・・・・・・・・・・・・やなせ釜のコーヒーサービス
DSC_0756 DSC_0758
牛ノ戸焼・・・・・・・・・・・・・・・・・スタッフさんの昼食
DSC_0759 DSC_0792
前田さんのインタビュータイム・・・・・・・・牛ノ戸焼さんのワークショップ

======================================================

DSC_0590

======================================================

DSC_0370
(2018)平成30年8月25日(土)_ミニフォーラム第2回(西郷工芸の郷あまんじゃく)講演:安梅 勅江さん
 
第2回いなば西郷工芸の郷ミニフォーラムに参加して
今回のフォーラムは『「湧活」のすすめ』と題して筑波大学医学部教授 安梅勅江先生の講演でした。はじめて聞く「湧活」(=エンパワメント)という言葉、耳慣れない言葉に最初は何のことなのかという疑問しか浮かばず、辞書を引いても出ておらず、インターネットで調べたら小難しい説明で今一ピンとこず、チラシに書いてあった先生の説明を読んでも具体的にはよく理解できないまま、当日の講演会に参加しました。
 エンパワメントには「自分エンパワメント」、「仲間エンパワメント」、そして「組織・地域エンパワメント」の3種類があり、「自分エンパワメント」の条件として①希望・夢が持てる事、②自己効力感がある事、そしてそれを実行する③意味付けが出来る事とありました。清水が泉からこんこんと湧き出るように、一人ひとりの潜在能力(活力・可能性)を湧き出させる事が「湧活」であると直に聞いてなるほどと納得しました。
 講演の中で一番心に残ったのは「子供は褒めて育てる程、思いやりのある子供に育つ」と言われたことです。些細な事でも褒めることで、子供の自己効力感が増し、それが他人への思いやりに結びついているとの事、改めて認識しました。私は現在、児童クラブのお手伝いをさせて頂いていますが、この言葉を忘れないようにし、一人ひとりの子供の良いところを見ていき、些細な事でも褒めれるようになれたらと思います。
 そして、西郷の未来を担う子供たちが、お互い自分の意見を堂々と言い高めあいながらスクスクと大きく成長していくためのお手伝いが少しでも出来たらと思います。言葉ではうまく言い表せれませんが、一人ひとりが持てる能力を出し合い、目標に向かって進んでいく力はすごいと思います。そしてそれを個人だけでなく仲間と一緒に地域に生かすことができたら最高です。
 この先何ができるかわかりませんが、誰かと何かをする(生み出す・行動する)ことを出来るだけ続けて行きたいと思います。よいお
話しが聞け、またひとつ大きな刺激を頂いた日となりました。(福祉健康部A.S)
DSC_0348 DSC_0339

DSC_0341 DSC_0349

DSC_0355 DSC_0359

DSC_0365 DSC_0368

DSC_0370 DSC_0375

======================================================

DSC_0264
(2018)平成30年7月15日(日)_ミニフォーラム第1回(西郷工芸の郷あまんじゃく)講演:森 由美さん
「開運!なんでも鑑定団」に出演されている陶芸研究家の森由美さんをお招きして、西郷工芸の郷第1回ミニフォーラムを行いました。
第1部の講演では、「やきものに親しむ」と題して陶芸の種類や歴史、楽しみ方を分かり易く紹介していただきました。
 第2部、人間国宝・前田昭博さんとのトークセッションでは、「器(うつわ)」についての熱い思いが語り合われました。
懇親会では、西郷地区住民の方が家宝の壺を持ち込まれ、突然「出張!なんでも鑑定団」を行うことに!
ご本人は期待しておられたようでしたが、評価額は残念な結果となってしまいました。
台本にはない無茶振りにもかかわらず、森先生は丁寧に鑑定していただき、楽しい会となりました。文化部 S.T
DSC_0231 DSC_0239

DSC_0242 DSC_0250

DSC_0252 DSC_0254

DSC_0258 DSC_0272

DSC_0275 DSC_0277
======================================================
(2017)平成29年10月28日(土)_西郷工芸祭り (文化部) 会場・新西郷地区公民館
DSC_9395 DSC_9406
自然準備の全体会、、、、、、、、、、、、駐車場班
DSC_9402 DSC_9439
会場、地区公民館、、、、、、、、、、、、受付

あいにくの雨にもかかわらず、第二回西郷工芸祭りが開催され、多くの来場者にとても賑わいをみせた工芸祭りでした。
去年、中部地震で参加出来なかった作家さんも今年は21人の工芸作家さんに出店していただき、人間国宝 前田昭博さんのワークショッフで世界に一つだけの器を作り、食ブースでは西郷地区で採れた野菜を使っての飲食・加工品の販売に会場は盛り上がり、すぐに完売になる加工品もありました。
スタッフとして関われて良かったです。皆さん、準備等々たいへんお疲れ様でした。M.U

DSC_9404 DSC_9465
各班ミーティング、、、、、、、、、、、、、、、オープン

DSC_9443 DSC_9416
前田さん(人間国宝)によるワークショップ

第二回西郷工芸祭りに参加させていただきました。新しい公民館の中、処せましと並べられた作品の周りに、たくさんの人がいて出店作家さんに色々と質問されていました。子供達も「すごくキレイ」と目を輝かせていました。こういう機会は本当にないと思い、とても良い経験をさせていただきました。C.K

DSC_9472 DSC_9420
花輪窯、、、、、、、、、、、、、、、、、、、牛ノ戸焼
DSC_9423 DSC_9429
工房このか、、、、、、、、、、、、、、、、やなせ窯
DSC_9431 DSC_9447
ウキルーシュ、、、、、、、、、、、、、、平井知事来場
DSC_9452
食ブース

======================================================
(2017)平成29年6月24日(土)_人間国宝トークショー・新西郷地区公民館PM6〜PM7

DSC_8680 DSC_8681

DSC_8683 DSC_8684

DSC_8688 DSC_8693

DSC_8694 DSC_8697

DSC_8702 DSC_8732

人間国宝トークセッション
第1部は「工芸が拓くコミュニティの可能性について」と題し 有田・色鍋島の十四代今泉今右衛門氏・前田昭博氏 人間国宝お二人の対談が、とりぎん文化会館 第一会議室で開催されました。また、第2部は、西郷地区公民館に場所を移動して、さらに博多人形師の中村信喬氏と小石原陶芸作家の福島善三氏が参加していただき、いなば西郷工芸の郷について語っていただきました。対談の中で、地域のコミュニティの大切さと家族の役割がとても大切であると語られていました。普段聞けない作家のみなさんの貴重なお話が聞けるとても有意義な時間でした。
y.m

======================================================
(2017)平成29年6月24日(土)_人間国宝トークショー・とりぎん文化会館,PM2〜PM4

人間国宝のお二人によるトークショーを開催しました

                     (2017年6月24日 とりぎん文化会館)
  鳥取市河原町の西郷谷では、「西郷工芸の郷」を作ろうとしています。この運動を先導してくださっている人間国宝(重要無形文化財保持者)の前田昭博さんが、有田焼を有名にした二つの家系:柿右衛門・今右衛門、その一人14代今泉今右衛門さん(人間国宝)をお迎えして「工芸が拓くコミュニティの可能性について」という表題でトークショーをしてくださいました。お二人の大家が来られるとあって、会場は満席の200席を超えて立ち見が出るほどの盛況でした。遠くは茨城県立陶芸美術館の金子館長さんをはじめとする多くの著名な工芸作家や評論家が来てくださいました。お二人のお話は自由闊達に、それぞれ独自の環境や作風を通じ、工芸の郷を拓こうとしている「西郷谷」について考察を加えてくださいました。旧来の工芸産地は、原材料の産地が殆どでしたが、現代においては物流の利便性に支えられてどこででも工芸の製作が可能になっています。「西郷工芸の郷」では、多くの工芸作家と共に、それを支える知恵や知識の集積となる多様な文化人が集まることによる発信力を期待している、とのお二人の結論は、西郷谷への力強いエールを頂いたと感じました。人間国宝のお二人の今後のますますのご活躍をお祈りします。そして、西郷谷への再訪をお待ちします。ありがとうございました。

一般社団法人「西郷工芸の郷あまんじゃく」 代表理事 K.K

DSC_8645 DSC_8654

DSC_8656 DSC_8665

DSC_8671 DSC_8676
======================================================
(2017)平成29年4月22日(土)_西郷 工芸の郷 (郷開き) AM10:00-新西郷地区公民館
いなば西郷工芸の郷「郷開き」を賑やかに開催しました

一般社団法人 西郷工芸の郷あまんじゃく 代表理事 K.K

 「いなば西郷工芸の郷」が船出しました。準備に3年をかけた船出ですが、感激とともに不安もいっぱいです。白瓷作家の前田昭博さんが人間国宝になられ、長年の夢を語られたことに端を発した「工芸の郷」づくりですが、県・市・商工会議所の力強い応援もあり、順調に風は吹いています。
有望な新人陶芸家花井健太さんの移住も実現し、当日は郷開きとともに入郷第1号の認定証も発行しました。
推進母体は、いなば西郷むらづくり協議会でしたが、資金運営や収益運用などの理由から一般社団法人「西郷工芸の郷あまんじゃく」が分立してその任に当たることとなりました。昨年9月に法人が生まれて半年、夢は膨らむ一方ですがよちよち歩きはおぼつきません。これから組織を強化して、しっかりした舵取りの下、大きな夢に向かって進みます。
夢は、日本の「いなば西郷工芸の郷」として、海外にもその存在を知られるようになることです。工芸作家だけでなく、文筆家、デザイナー、文化人類学者、哲学者などあらゆるジャンルの文化人が集い、文化のカオスを実現することです。
情報、知恵、人もお金も集まるようになることを夢見ています。人口1300人余りの小さな谷に、現在は4窯元、1ガラス工芸工房、1木工工房、合計7人の工芸家しかいませんが、10年後には15人を目標にしています。
毎年晩秋には西郷工芸祭りを実施し、窯元巡りも企画します。みなさんのお越しをお待ちしています。

satobiraki016
郷開き会場(新西郷地区公民館)
satobiraki001 satobiraki002
交通整理・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・受付
satobiraki003 satobiraki004
報道機関による代表理事への取材
satobiraki006 satobiraki005
麒麟獅子舞(本角)
satobiraki007 satobiraki008
代表理事挨拶・・・・・・・・・・・・・・・・市長挨拶
satobiraki009 satobiraki010
副知事挨拶・・・・・・・・・・・・・・・・商工会会頭挨拶
satobiraki011 satobiraki012
前田さん(人間国宝)挨拶・・・・・・・・・・・・代表理事より入郷賞授与
satobiraki013 satobiraki014
新人陶芸作家さん挨拶
satobiraki015
花綸窯の神事
花輪窯
====文化部・工芸まつりH28,10,29(土)AM10:00==========
kougeih28
秋晴れの素晴らしいお天気で・・・と言いたいところでしたが、生憎もの凄く寒く大雨どしゃ降りの中(流石!文化部長北村さん!雨男!)第一回西郷工芸祭が開催されました。
前夜祭の落語から始まり、当日は来賓の方々の挨拶・獅子舞で幕を開けました。
牛ノ戸焼・因州中井窯・やなせ窯3窯巡り、会場では、県内工芸作家の作品(販売展示)・ワークショップの針金彫刻教室・似顔絵コーナー、やなせ窯前田昭博氏と工芸作家によるトークショー、そして、私たちは食事班としてイベント会場を盛り上げました。
この寒さと大雨の中、朝早くから大勢の方々に来ていただき大盛況のうちに終わることが出来ました。
担当の方々は大変だったと思います。お疲れさまでした。
残念な事に、一日中慌しく会場内の仕事に追われ、結局今回も窯元巡りは出来ませんでした。まだ、まともに巡ったことのないワタクシです。 S.K
jnjnjnblkjn
DSC_8372 DSC_8250
交通整理、駐車場スタッフ
DSC_8289 DSC_8253
受付
DSC_8301 DSC_8252
智頭警察巡回
DSC_8254 DSC_8255
焼きそばブース・・・・・・・・・・・焼肉ブース
DSC_8260 DSC_8258
進行係り・・・・・・・・・・・商工会会頭挨拶
DSC_8265 DSC_8270
小畑麒麟獅子舞披露
DSC_8271 DSC_8275

DSC_8287 DSC_8290

DSC_8291 DSC_8292

DSC_8293 DSC_8294

DSC_8295 DSC_8304
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
西郷工芸祭りに子供と一緒に参加させていただきました。
残念ながら窯元をまわることは時間の関係でできず、すごく残念でしたが、展示販売会場をゆっくり回らせていただき、それぞれの作品の細やかな細工を間近に見ることができ、とても感動しました。
また地元のものを使った料理も堪能でき、子供たちも良い経験ができたようですごくよかったです。C.K
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

DSC_8311 DSC_8313
前田昭博さん進行のトークショー
DSC_8318 DSC_8320
DSC_8323 DSC_8326
DSC_8331 DSC_8333
DSC_8336 DSC_8337
DSC_8338 DSC_8341
DSC_8345 DSC_8350
中井釜の交通整理スタッフ・・・・・・・・・・・やなせ窯
DSC_8353 DSC_8367
中井窯・・・・・・・・・・・・・・・・牛ノ戸焼
====工芸まつり前夜祭 H28,10,28(金)PM6:00========================
DSC_8235 DSC_8237
桂 三風さんの落語寄席
DSC_8240 DSC_8241
========================
H28kougei01top
kougeimatsuri